「『枕草子』を読む楽しさ」


福嶋昭治先生による顕彰会初めての『枕草子』連続講座です。 清少納言が書き留めた
人事や自然の刹那刹那の「輝き」を読む楽しさと意義をお伝えくださる講座です。

日 時
平成30年 開催日及び会場
 4月 3日(火) ハートピア京都 3F視聴覚室
 5月29日(火) ハートピア京都 3F視聴覚室
 6月26日(火) ハートピア京都 3F視聴覚室
 7月24日(火) ハートピア京都 3F視聴覚室
 9月 4日(火) ハートピア京都 3F視聴覚室
10月30日(火) ハートピア京都 3F視聴覚室
11月27日(火) ハートピア京都 3F視聴覚室
12月25日(火) ハートピア京都 3F視聴覚室
平成31年 開催日及び会場
 1月22日(火) ハートピア京都 3F第3会議室
 2月26日(火) ハートピア京都 3F視聴覚室


午後1時30分〜午後3時00分(13時受付開始)

会 場 ハートピア京都(京都市営地下鉄烏丸線「丸太町」駅下車すぐ)
講 師 福嶋 昭治 先生(園田女子大学名誉教授)
会 費 1回 会員2,000円  会員外2,500円 ※資料代込
(一括申し込みの方、会員18,000円 会員外 22,000円とさせて頂きます。但し、欠席されてもご返金はできませんのでご了承下さい。)

*準備の都合上、必ず事前にお電話かFAXまたはE−mailにてお申し込み下さい。
*会費の受付は当日行います。キャンセルの場合は、事前にご連絡下さい。


【講師からの言葉】
枕草子は、源氏物語と並び称される日本文学を代表する古典です。
源氏物語は、75年間の3世代にわたる登場人物の「人生」を追求し記述しています。
「人生」とは、時間の経過に添いつつ、過去を背負い未来を見据えながら今を生きるとい
うことです。ストーリーがあるということです。
枕草子には、「人生」は描かれません。 300以上の章段は、時間の経過の連続性は全く
ありません。時間の経過を全く問題にしない、刹那の「シーン(場面)」の連なりがある
だけなのです。ストーリーはないのです。
そういう意味では、枕草子と源氏物語はまったく対照的な作品なのです。
枕草紙が、そうした本質を持つに至ったのには、歴史的背景があるのです。そんな作品
の生まれた歴史的背景を探ることにも十分時間を割きつつ、清少納言が書き留めた、人事
や自然の、刹那刹那の「輝き」を読む楽しさと意義をお伝えしたいと思います。(福嶋昭治)

     講師: 福嶋 昭治 先生 
       (園田女子大学名誉教授)

【左にフレームが表示されていない方はこちらをクリックして下さい。】